×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お悔やみ電報

お悔やみ電報の文例

お悔やみ電報とは知り合いや上司や親族が亡くなったけど、どうしても休めない商取引などがあって葬式に行けない情況である時に言葉の代替に文章でお悔やみを言うやり方です。
文例などはntt東日本のサイトなどで紹介されていますから安心なのですが、マナー違反の文面など送れば相手や葬式に来ていた人になんてコモンセンスを知らない人間なんだという印象を付けてしまいますし、送り先の葬式をしている親族の方も気持ちを害されるポテンシャリティがあります。
送り先の父親が亡くなった場合はご尊父様やお父上様という書き方をしないとマナー違反になりますから宛名の書き方もしっかり学びましょう。
最低文字数が25以下で700円で最大は66文字以上で1420円以上となっているなど字数によって値段が変わるnttのサービスが一番有名ですから電報初心者にはお勧めです。


>>楽天市場で電報サービスを探す


○文例や例文のマナーを学ぼう

お悔やみ電報を送る時気をつけなければならないことは葬式の日時を調べたりすることもですが、文例や例文や宛名の書き方を間違えないこともです。
マナー違反な内容の文面を送ると送り先の家族の方が不快に感じるだけですからね。
送り方のマナーとして「重ね重ね」や「続いて」など不吉な意味を想像させる言葉を使ってはいけません。
親族が亡くなり葬式をしなければならないということは家族や親しい人にとって辛いことですから、それが続くようなボキャブラリは避けて宛名の間違いも避けましょう。
送り先の息子さんが亡くなった場合ご子息様、ご令息様と送るのがマナーですから、しっかりしたエピステーメを身に付けてからnttのサービスなどを利用しましょう。


○マナーの良い文例紹介

文例の応用のノウハウをイントロダクションしましょう。
例えば送り先のおじいさんが亡くなった場合、「ご祖父様ののご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます」などの文例がありますが、他にもnttサービスで文例がたくさん紹介されています。
今回紹介した文例は亡くなった方がおじいさんという例で紹介しましたが、亡くなった方がおじいさんじゃない場合はご祖父様というところを変更したら良いんです。
つまり文面を変えたら良いわけで、送り先のお父さんが亡くなった場合でしたらご尊父様やお父様にしたら良いですし、お母さんが亡くなった場合はご母堂様かお母上様にすることで応用が利きます。
近時若い女子高生や年端も行かないような小学生が殺されるような恐ろしいニュースをちょくちょく見るようになりましたが、送り先のダメージが一番大きいと思われるのが息子さんや娘さんを亡くされてる場合ですから、その時は特にマナー違反を100パーセントしないようにしましょう。


>>楽天市場で電報サービスを探す